カテゴリ




LINKS


アフィリエイト最強ツール
いよいよ正式発売

Quick Homepage Maker

●PukiWikiってご存知でしょうか。フリーのオンライン百科事典「WikiPedia」もPukiWikiのクローン(改良版)のひとつです。


●PukiWiki(プキウィキ)-WikiPediaより

PHPで動作するウィキクローンの一つである。yu-jiが結城浩のYukiWikiをPHPに移植することで最初に開発し、その後PukiWiki Developers Teamによって1.4系バージョンの開発が継続されている。
日本国内では最も普及しているウィキクローンと見られている。


●PukiWikiって語呂がいいですね、なんかすごくかわいい感じで親しみやすそうで。しかも、フリーのウェブサイト制作ツールという期待のもてそうなイメージ。


●しかし、そんな言葉の雰囲気とはちょっと違って、実物は初心者にとってちょっととっつきにくい…
ということで、新登場したのが、PukiWikiを改良した Quick Homepage Maker きびきび動く操作が簡単テンプレートで制作、そして商用サイトに使えるといったところがポイントです。
今後、WordPress とともに、MovableType の強力なライバルになりそうな気配。


●ちなみに、PukiWiki(プキウィキ)の特徴は以下の通りです。

○PHPで実装されている
○CMSの一種
○MySQL、PostgreSQLなどのデータベースを必要としない
○PHP4、PHP5の双方で動作する
○プラグインを導入することで、様々な機能を拡張して利用できる
○定期的なバックアップが可能である
○各ページの内容はテキスト形式で保存されている。なお、画像などのバイナリファイルは各ページに「添付」することができる
○GPLのもとで、フリーソフトウェアとして配布されている


●そして、こんなPukiwikiwの改良版である Quick Homepage Maker は、PukiWikiの基本機能を生かしながら、初心者にやさしく、かつビジネスにも使いやすいように、以下のような機能が加えられています。

○テンプレートが豊富に用意されている
○初心者向けに、直感的に使えるシンプルなインターフェースになっている(PukiWikiの画面で慣れないとわかりづらい部分を省いてある)
○商用に使える
○使うほどに手になじんでくる
○ホームページのビジネス活用に関する情報が豊富に提供される
○プラグイン方式で新しい機能が追加されていく
○基本的には初期費用だけで永久に使える


●MovableType、WordPress、XOOPSなどなど、最近はいろんなCMS系のサイト制作ツールが出ていますが、使いやすさという点では、この Quick Homepage Maker がもっとも優れていると思います。

詳しくは⇒  Quick Homepage Maker スタンダードエディション



!!!お知らせ!!!

Quick Homepage Maker を、とりあえずちょっと試してみたいという方にうれしいニュース。 無料でホームページが作れる Quick Homepage Maker お試し版 が公開されています。



QHM お試し版の内容は

・本体(製品版とほとんど同じ機能)
・Web Installing System(オンラインでお持ちのサーバにインストール)
・基本操作動画マニュアル
・レンタルサーバー契約方法と、基本操作マニュアル(PDF形式)
・基本デザイン(テンプレート)5つ
など

で、これらがすべて“無料”で公開されています。



※QHM SEでホームページ作成を体験した後「やっぱり本格的なプロ版またはフル版を使おう」と思われた方は、もちろん製品をご購入できます。

Quick Homepage Maker お試し版 の詳細はこちら


●ついでに、Quick Homepage Maker を使った私の体験事例です。初めての方向けの体験レポートなのでご参考にしてください。

Quick Homepage Maker スタディノート