Windowsユーザーのためのテキストエディタ入門
ワープロよりも軽く、速く、扱いが簡単。脱・初心者の第一歩はエディタから!

メイン画像

2007年10月08日

私の愛用エディタ




エディタの最大の特長は“シンプルさ”にあり。なので、私は用途によって使い分けています。
ほんとは1つでいいのかもしれませんが、半ば私の趣味も相まって、この10年間のあいだで、結果としてパソコンライフの中で生き残っているエディタたちです。
でも、毎日使ってますよ。
とくに初心者に申し上げたいのは、フリーソフトでも十分すぎるくらい高機能だ、ということです。

紙copi …紙が出た当初から愛用しています、今や大人気のシェアウェア・超万能ソフト

秀丸 …「NotePad(メモ帳)」に次いで有名なエディタ、4,200円のシェアウェア。私はNotePadの代わりに秀丸をシステム用に使っています(簡単に設定できますよ)

NoEditor …とくに一般文書作成に使いやすいです、無料

VerticalEditor …縦書きもできるソフト、原稿用紙レイアウトも便利。私のクセなんですが、原稿は提出する前に必ず縦書きにしてチェックしています(日本語の文章は縦書きが読みやすいし、リズムもとりやすいのです)、無料

Nami2000 …簡易アウトラインプロセッサ、無料

MKEditor …タブ式、エクスプローラー機能、プロジェクト機能、無料


タグ:  

投稿者: 日時: 2007年10月08日 18:22 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearsgarden.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/59

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 私の愛用エディタ:

» 『文例集では書けない超速 ビジネス文書作成マニュアル』
送信元 私の通勤読書メモ
この本はちょっと驚いた。 仕事柄、文書(企画書、報告書、議事録)を大量に書かねば成らないことがあるだが、例文集の類は買う気になれない。 まず、... [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2008年11月02日 10:20